手持ちのワードローブのイメージチェンジを図るには

シルエット変更がオススメです。

スラックスで言うなら全体のシルエットを調整することで、

着ていなかったかつてのお気に入りが蘇るかも知れません。

股の付け根から裾まで細くスッキリ詰めていきます。

股の付け根、太ももの辺りを”渡り”とお修理的には呼びます。

ただ、この渡りは動く時や特に座った時にある程度のゆとりを残しておかないとパンパンになるのでご注意下さいね。

白く引いたラインを渡り~裾まで詰めていきます。

上から下まで直線に近いぼってっとしたシルエットから

お尻のカーブや膝の凹凸が出来てスッキリしたスタイルに変わりました。

試着いただくと足も細く、長く見えてオススメですよ。

ご相談だけでも、お気軽にどうぞ。

今日の修理 スラックスの幅詰め 渡り~裾幅詰め ¥8640

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2517
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事
タック取りと渡り詰め    スラックス   裾巾詰め

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です