スラックスのタック取り。

リクエストは変わらず多く頂いておりますが、流行は常に変わっており、

一部雑誌やコレクションではタック入りスラックスが出ていますね。

いわゆるエンドユーザーまで響けば流行と言えるのでしょうが、

そこまで行くかはまだ分かりません。

個人的にはコレはコレでアリじゃない?っと思うので、

私はどうしても取りたい方以外は残す方向でご提案をしております。。。

P4040561.jpg

タックというのは、写真の中央の生地がたたまれているところです。

コレを外していきます。

P4040562.jpg

ポケットを作り直していきます。

タックで余った生地でポケットを作り直して生地を失くします。

P4040563.jpg

脇ポケットの裏生地を縫い付け、ポケットを作り終えた状態です。

P4040566.jpg

後はベルトループをつけて、ポケットの上と下にかんぬきを入れて完成です。

P4050568.jpg

結構需要は多いリフォームですが、

ご覧の通りスラックスをバラバラにして作り直すので時間がとっても掛かります。

それにタックを取りたいスラックスは大体全体的にゆったりシルエットなので

渡り詰めを行うお客様がほとんどです。

そうすると自然とリフォーム代金が高額になるので

毎日あるリフォームではないですが、

たくさんの実例で経験を積んでより良いリフォームを

お客様に提供できたらと思います。

今日の修理 スラックスのタック取り ¥10800~

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

タック取りと渡り詰め ウエスト詰め デニムのウエスト詰め

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です