いつの頃か自分で直したスーツがありました。

ブログを溯ると約二年前

当時は今より随分と痩せていたのだなぁとしみじみ感じます。

 

今日は以前に細くした自分のスラックスを再修理します。

20160609_071615258_iOS

まずはウエスト。

腰裏の生地は残しておいたので再度出すことが出来ます。

ボタンは何とか閉まるのですが、苦しいので4cm現状から大きくします。

生地が柔らかな番手のものなので若干跡残りがありますが自分のせいですのでここは泣いておきます。

20160609_071734358_iOS

渡り~裾巾は生地の許す限りになります。

ウエストと違って履き心地に影響大なので、詰めた時はほとんどの場合縫い代のカットをします。

今私がジャストで履いているスラックスの寸法が渡り巾32.5cm、ヒザ巾22.5cm、裾巾18.5cm。

このスラックスは渡り巾31.5cm、ヒザ巾21.5cm、裾巾17.5cmと全体にちょうど巾1cm分の差があります。

このスラックスの縫い代を使い切って足りるかどうかの寸法でしたので、出来るだけ強度を保ったままの出しを行っていきます。

20160609_071645371_iOS

流行の変化もあり、ちょっと細すぎるスラックスの気分でも無くなってきた昨今ですが、皆様はいかがでしょうか?

かなり暑くなってきたのもあり、久しぶりに着てみたら・・・・・!!

詰めと違って出しは生地のある分しか対応できないことがほとんどなので制限が多くありますが、

私と同じような状況の方はご相談だけでもお越し下さい。

次はジャケットを直さないと・・・。

今日の修理 スラックスサイズ調整 ¥13392(デザインにより異なります)

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~(内容や混雑状況により異なります)、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

名古屋紳士服専門洋服のお直し リフォームスタジオ

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です