皆様春物のスーツはご購入されましたでしょうか?

最近はお袖がアンフィニッシュになっていてお直しが必要なものも少なくありません

イタリアモノは言うまでもなくドメステックのブランドでも珍しくありませんね

この仕様ですとほとんどの方が『本切羽』でのお袖作りを希望されます

ボタンも画像のように重ねなしで平置きにしたり、

キッスボタンといって重ね仕様にしたり選択できます

パターンとしては重ねありでボタン4つ付けにされる方が大半ですね

本切羽のお直しに関しましてはお袖丈の調整も込みの料金となっておりますが

気を付けて頂きたいのは補正寸法が3cm以上となると

おそらく本切羽をつくる事ができません

ブランドによって多少の差はございますがある程度の目安としてご注意下さい

それでも本切羽の仕様にこだわるのであればプラス袖山でのお修理が必要となります

本切羽に固執せずいわゆる『あきみせ』の仕様でもお修理は可能です

こちらの方がお修理代としても安価であとあとの再修理もし易いです

イタリア系は本切羽、イギリス系はあきみせといった傾向は強いですが

結局はお客様自身のこだわりと好みの問題ということになってしまいますね

 

SARTO名鉄店ではネットでのご購入品のお持ち込みも大変多くなっております

お修理に関しましてはやはり対人対面でのやり方が絶対的に間違いがありません

ご足労ではありますがご来店頂きフィッティングさせて頂ければと思っております

皆様のご来店心よりお待ちしております

 

今日の修理 ジャケットの本切羽 ¥8,640~

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です