皆様様々なスーツをお召しになっていらっしゃいますが

肩パットも色々でそれによって当然シルエットも変わって参りますね

本日は肩パットにフォーカスしてお直しをご紹介させて頂きます

昨今スーツのスタイルとしてはほぼ2つ釦に定着しているようですし

肩パットにつきましてもボリューム感のあるものは少なくなりました

特にイタリア系のものはとことん軽めになってますね

 

SARTO名鉄店にも肩パットの調整でお持ち込みされるお客様は大変多く

9割以上が現状の肩パットを薄くするお直しをご希望されます

さすがに80年代のマグナム級のものはあまりありませんが

数年前のスーツでも結構厚みがあるタイプもございますね

そうするとどうしてもOUT OF FASHIONな感は否めません

 

一口に肩パットを薄くするといってもパーツとしては

いわゆる肩パット(左画像)とゆき綿(右画像)の両方を調整するお修理となります

量的には三分の一もしくは二分の一くらいに軽減します

 

肩パットの調整で気を付けて頂きたいのが肩幅との関係です

肩パットの大きめなスーツはほとんどが肩幅自体も広めに設計されております

よって肩パットだけ薄くしてしまうと当然肩がドロップし余ってしまいますね

ですのでパット調整に伴い肩幅詰めのお修理も必要となるケースが多いです

肩幅詰め+肩パット調整の場合、同時に作業できるパーツとなりますので

料金的に工賃としては割安となります

是非とも関連パーツでセットでのお直しをお勧め致します

 

今日の修理 肩幅詰め+肩パット調整 ¥12,960~

 

SARTO名鉄店ではひと昔前のスーツでも新たなリフォームにより

現代的にリフレッシュすることが可能です

お客様のご要望もお伺いしながらご提案させて頂きます

皆様のご来店心よりお待ちしております

 

名鉄百貨店メンズ館4階SARTO

■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です