今週はSARTOにお持ち込みの多いブランドをご紹介します

イタリアの『L.B.M.1911』です

オープン以来特にアンコン系ジャケットのお持ち込みは非常に多いですね

L.B.M.1911はイタリアで最も古いファクトリー『Lubiamルビアム』の伝統や技術力を

背景に生産され、カジュアルでモダンでありながらもクオリティの高さは随一です

ヴィンテージ感のある仕上がりや生地感を特徴とし

中でも製品染めのジャケットはラインナップも豊富で大変人気があります

サイズ感としては当然タイトめなので実サイズよりワンサイズ大きめで

購入される方も多いようです

そうすると当然色々なところに補正が必要となって参ります

袖丈詰めにしてもL.B.Mの場合、本切羽をはじめ凝った袖口仕様が多く

お修理するのが簡単ではありません

以前にもご紹介した「袖山詰め」になるケースがほとんどですが

この場合袖山カットした後でも鎌の部分に余裕があるかどうかの見極め目が大事です

せっかく袖詰めしてもアームホールがきつくて着られないでは本末転倒ですので・・・・

 

SARTO名鉄店では海外ブランドのお直しも大変多く承っております

こだわってご購入頂いた商品であるならば是非とも信頼のおけるお直しに

ご依頼下さい

皆様のご来店心よりお待ちしております

 

名鉄百貨店メンズ館4階SARTO

■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です