皆様ジャケットの袖口の裏側を気にしたことはございますか?

おそらくお手元の上着の多くは画像のように「額縁」といった仕様になっております

「額縁」仕立てとは文字どうり袖先の端をフレームのようにちょうど

45度の角度で折り畳んで処理する方法です

メリットとしては袖裏に余分な生地が残らないので見た目が綺麗ですっきりし

また丈夫な仕上がりになります

袖口だけでなくサイドベンツの裏側などの縫製仕様としてもつかわれておりますね

「額縁」はもともとは職人の手間を必要とする仕上げだったそうです

昔は本当に高価なオーダースーツやテーラードでしか見ないような仕様で、

高級な仕立の証でありました

現在では機械と技術の進歩によりふつうに既製服でもみられるようになりました

 

先週も「細腹」を取り上げご紹介しましたが我々の洋服も進化してきているのですね

日頃気づかないデティールも色々考えられて作られております

私どもも日々洋服について勉強し少しでもお客様のお役に立てればと思っております

今後もより多くのご来店心よりお待ちしております

 

名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です