皆様今更なんですが、ジャケットとシャツとのバランスはご存知ですか?

昔から言われているようにジャケットからシャツが1,5㎝程覗くぐらいがベストですね

SARTOにご来店頂く皆様にとっては周知のことだと思われるのですが・・・・

しかしながら周りを見渡すとジャケットからシャツが見えない方が圧倒的に多いのですね

これはショップで店頭購入される場合でも

販売員が積極的にお直しを推奨しないといったことも原因ではあります

要するにお修理が必要となると売上に繋がらないといった懸念からスルーしてしまうのですね

マーケットで販売されているものの多くは『あきみせ』といって本開きにはなっておりません

ですのでこれらはほとんどが袖口より詰めるお修理が可能です

ただし詰め寸法にもよりますが袖のボタンと切羽(ステッチ)も移動させなければなりません

第一釦のスタートが袖先より3,5cm~4,0cmぐらいが一般的です

昨今は釦も重ねの仕様になっているものも多くみられますね

最近は既製服でも画像の様に本切羽になっているものも増えて参りました

こちらに関してはあきみせのように袖口より修理することはできません

よって『袖山詰め』といって肩から補正をかけることとなり工賃もアップ致します

(こちらのリフォームも以前にプログでご紹介しております)

また本切羽でなくても袖口の仕様を変更したくない場合はこのやり方を選択することもあります

どんなにいいジャケットでも袖が長すぎるとかっこよく見えません

お手持ちで気になる上着があらばいつでもSARTOまでお持ちになってください!

上の画像の様にスタィリッシュに決めてみてはいかがでしょうか

皆様のご来店心よりお待ちしております

 

今日の修理  ジャケットの袖丈詰め  ¥3,780~

 

名鉄百貨店メンズ館4階SARTO

■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です