lksjljds

昔から美しい着丈とは

総丈(バックネックポイントからかかとまで)÷2といわれていますね

昨今は若干短めが好まれているようではありますが・・・・・


kitake

いわゆる着丈というのは

首の根っこ部分から裾までの長さです

(襟のてっぺんからではありませんので

採寸する際はお気を付けください)

 

言うまでもなく着丈は上着全体のバランスの中で大変重要な要素であります

ご自身のジャケットが冒頭で述べた数値より大きく外れているようであれば

補正を考えられることをお勧めいたします!

fc2_2014-08-01_22-05-29-827

一般的に着丈の補正は写真の様に裾よりお修理致します

物理的にはかなり短くすることが可能と思われるかもしれませんが

実際はそうとはいきません

全体のバランスももちろんですが気にかけて頂きたいのが

裾からポケットまでの距離感です

ここもある程度の長さをキープしておかないと非常にアンバランスとなってしまいます

またジャケットの場合ですとポケットの形状もいろいろ考えられますので

詳しくはスタッフまでご相談下さい

以上の理由により裾よりの修正が難しいケースも実際結構あります

しかしながら諦めないでください!

実はもう一つ別のお修理の仕方があるのです

CA330285

 

ショルダーライン(肩線)といって

表の前身ごろと後身ごろを縫い合わせている部分があるのですが

ここで補正をかけます

いわゆる『肩線詰め』というお修理になるのですが

これのメリットとしては襟のゴージラインもあがることにより

重心が軽くなり今風のシルエットにもなります

工賃としては少し高額にはなりますが先ほどいった事情で

お修理を断念した方は一度検討してみてください!

1425949551871

今回は着丈のお修理をご紹介させていただきましたが

スーツは言うまでもなくジャケットを補正する際には

できればコーデネイトするスラックスをご持参ください!

パンツのシルエットも上着の着丈をきめる重要なファクターです

やはり全体のバランスが一番大事なのです

 

今日の修理 着丈詰め ¥8640~

 

名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です