_mg_1377_20100808112901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はジャケットの袖口の仕様のご提案です

お持ちの上着を写真の様に『本切羽』にしてみてはいかがでしょうか

ここのところSARTO名鉄店でも問い合わせが大変多くなっております

いわゆる既製品で販売されているスーツ・ジャケットの多くは『あきみせ』

といって袖の部分に釦が付いているものの開かない状態になっております

これはコスト的な理由と修理の利便性を考慮してなのですが・・・・・

おしゃれにこだわる男子には是非ともここに違いを見出して頂きたいのです

faa887f5c7245ff40d7cde9ebd6d91ad

本切羽になった元々の理由はお医者さんが袖をまくるためといわれております

もちろんこのような着方を推奨している訳ではありません

個人的には釦一つ外すくらいがしゃれ感があるのではと思っております

4aae7114-s

袖釦も重ね仕様にしたり重ねずに平置きにしたり個数も指定できます。

t02200165_0567042513542738244

また写真の様に釦ホールのステッチの色を変えたりも可能です

ご自分なりにデティールにこだわりセレクトして下さい

尚袖口の仕様によっては本切羽への変更ができない場合もございます

ご検討のお客様は店頭スタッフまでお尋ね下さい

 

今日の修理   ジャケットの本切羽仕立  ¥8640

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO

■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803

■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~(内容や混雑状況により異なります)、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です