皆さんは服の備えをされてますか?
シーズンオフになった服や礼服など、どうしてます?

綺麗に保管していても普段、気にしてなかった所が傷んでたり→擦り切れ

ウエストのサイズが合わなかったり→ウエスト詰め

今日のリフォームは袖丈詰め&着丈詰めの紹介をします。

袖丈と着丈はバランスがとても重要です。

袖丈詰めをしたら、着丈とのバランスが
崩れて着丈が長く感じられるようになり、重たい印象になってしまう事があります。

まず、袖丈詰めの修理前と修理後を比較した写真です。

ご覧のように袖丈詰めをしても修理前とほぼ変わりない仕上がりになります。

ボタンと一緒にボタンホールのような飾りがあり、飾り切羽と言いますが。

それが写真の赤い円の中にある糸で縫われてた部分です。

丁寧にすべてほどいて、新しくつけ直しをします。

こんな↑感じにつけ直すので、仕上がりが元とほぼ変わりません。

次に着丈詰めです。

修理前と修理後の写真です。

こちらも修理前とほぼ変わりらず、仕上がります。

裾のカーブ部分にある白い紙は丸みを元通り再現するための型紙です。

これを使う事で着丈詰めのポイントとなる丸みのあるカーブをキレイに仕上げる事が出来ます。

袖丈と着丈のバランスがいいとスタイルもキレイに格好よく見えますよ。

袖丈を詰める場合、着丈とのバランスを一度確認してみて下さい。

分からない事は何なりとご相談下さい。

ご来店お待ちしています。

今日の修理 ジャケットの袖丈詰め&着丈詰め ¥10800~

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

ジャケット 着丈詰め

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です