こんにちは。

リフォームスタジオです。

 

突然ですが皆様はジャケットの袖口、本切羽にされていますか?それとも開き見せにされていますか?

持ち込んで頂くジャケットの割合としては、6対4~7対3くらいの割合で開き見せ多いように感じます。

 

IMG_0197

 

そもそも何故スーツやジャケットの袖口にボタンが付くようになったかというと諸説ありますが有名なところだとナポレオン軍の制服が起源だといわれています。

ナポレオン率いる軍の兵隊がロシア進行の際に、あまりの寒さに袖口で鼻水をぬぐっていたことをナポレオンが良しとせず、その仕草をやめさせる為に袖口にボタンをつけた

そうです。

スーツが誕生した当時はそもそも本切羽が存在せず開き見せだけだったそうです。よって現在でも英国のスーツは本切羽ではなく開き見せ仕様も多くみられます。

一方、腕に自信を持ったイタリアはナポリの職人テーラーが自身の腕前を示す為に本切羽をアピールした為、イタリアのスーツでは本切羽の仕様が多くみられます。

日本国内においてはイタリアのスーツスタイルの人気が高いので本切羽の仕様を見かける機会も多いです。

 

IMG_0199

 

開き見せのメリットとしては袖丈を詰めていく際ボタンホールが実際には開いていないので袖口から詰めていくことができます。

その分本切羽と比べると修理費用も抑えることが出来ます。

ただボタンホールが実際には開いていないのでボタンを外して袖をまくるような着崩したスタイルにはあまりむきません。

 

一方、本切羽はどうでしょうか?

 

IMG_0198

 

ボタンを外して着用することが出来る為こなれ感のある着崩したスタイルを演出することが出来ます。

オンからオフまで使いやすいですね。

ただ袖丈を詰めていく際ボタンホールが開いているため袖口を触ることが出来ず袖山から丈を詰めていかなくてはなりません。

修理内容が難しくなるのでその分費用も開き見せに比べると多くかかってまいります。

 

もしジャケットの袖口をどちらにしようか迷われている方がいらっしゃっれば店頭スタッフまでお気軽にご相談下さい。

ではご来店お待ち致しております。
今日の修理 本切羽 ¥8000
今日の修理 開き見せ ¥2500

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~(内容や混雑状況により異なります)、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

名古屋紳士服専門洋服のお直し リフォームスタジオ

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です