Sclass01

余り今時のスタイルになり過ぎないように仕立たいです。

股上深めのワンタックスラックスに、タイトなウエストコートとジャケットを合わせて

クラシックモダンなスーツを作りたい・・・。
頭の中ではかなりイメージが出来ているんですが、中々機会に恵まれず今に至っておりますが、

まもなく自分のオーダースーツが上がってきます。

楽しみすぎる!

 

クラシックの定義は分かりませんが、昔のデザインで今は着にくいジャケットは多々ありますし、

実際お持込になるお客様の多くはシルエットの調整で訪れてきます。

過去の自分がこだわって購入した物に、お直しという形で手入れをすると一層愛着も湧く事と思います。

ですが何もかも今と同じ形にしてしまうのは無粋と考えます。

何より購入時に流行していたデザインでその形で完成しているわけですから、

過剰なお直しはバランスの崩れた野暮な一着に成り下がってしまいかねません。

 

そんな中サイズが合っていたとして、雰囲気を崩さずにお直し出来る箇所は「袖幅」ではないかと考えます。

 

P3200515(1)

 

二の腕から肘に掛けてのたっぷりとした幅を詰めていきます。

腕の付け根は、胸回りと繋がっている箇所ですので、詰めた場合は影響が出ます。

この辺りは採寸を慎重に行わなければいけません。

 

P3200523(1)

 

画像では余り差が分かりませんが、二の腕後ろ側のたわみはスッキリ無くなりジャストフィットを演出します。

クラシックでありながらどこか現代風にするならオススメです。ぜひお試しください。

 

今日の修理 ジャケットの袖幅詰め ¥5400

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です