洋服において「顔」となる所は、やはり正面から見える前身頃です。

ここの出来でジャケットの印象は大きく変わります。

デザインでいえばイギリス風、イタリア風。

カジュアルなのかフォーマルなのか。

普遍的なデザインの中に見えるわずかな機能やデザインの違いで

スタイルまで変わってくるのがジャケットの難しく、面白い所です。

スタイル以外にも時代で異なるデザインもあります。

今回ご紹介するお直しも時代に寄るところが大きいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャケットのラペル(下襟)の幅詰めをしていきます。

上記もにもある通り、表情に大きく影響してくるディテールなのでリフォームも慎重になります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ラペルはこの様に作られています。

詰めるという事は生地を入れ込んでいくという事ですので

ナチュラルなカーブを作りながら縫い合わせていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

バランスも考慮しながらなので、全てが今と同じような幅になるとは限りません。

しかしながら、極細のナローラペルから少しずつ幅が広がってきている

メンズジャケットなので、ラペル幅の調整を試してみるのは案外アリなのではないでしょうか?

今日の修理 ラペル幅調整 ¥16200〜

■名鉄百貨店メンズ4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は二週間(内容や混雑状況により異なります~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です