今回紹介する修理は、ジャケットの衿の下に出来るしわ取り(つきじわ取り)の仕方です。

「つきじわ」とは、

「いかり肩などで体型に洋服が合わない場合に背中にできる横じわの事。

体型によりできるしわの場合いくらプレスをかけても直りませんので、つきとりの修理が必要になる。」

 

だそうです。服飾用語辞典に載ってました(笑)

 

PC160220.jpg

今回の寸法は1.5センチのつき取りです。

お客様の症状によっては、もっと横長に詰めなければいけないケースもありますので

あくまで参考事例です。

PC160222.jpg

 

衿の裏側のカラークロスを外して、衿と身頃を別々にします。

 

PC160223.jpg

 

チャコの印より1cm内側をカットして閉じていきます。

 

PC160224.jpg

 

PC160225.jpg
「つきじわ」は既製服である以上皆さん大なり小なり出ている症状です。

そして今回程の寸法でなくてもシワが取り切れなかったりする場合もございます。

デリケートな部分ですし、気にしてない方も実際のところ多くいらっしゃる珍しいお直しですが、

是非お試しいただければと思います。

 

今日の修理つきじわ取り(つき取り) ¥3240~

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無 料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

つき取り

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です