7bdf82a09d6906e44235664612e5f8e7

 

暑い夏が間近に迫ってきています。

皆様準備はできていますでしょうか?

クールビズスタイルとは違いますが、本切羽仕様のジャケットなら時にはこうして気崩したいですよね。

ジャケットの袖丈を袖山から詰めるリフォームをご紹介します。

袖山詰めとは袖丈を肩から詰める事をいいます。

 

P7100208.jpg

 

このジャケットは袖口が本セッパ(ボタンホールが開いている)仕様。

既製服ですとはじめから袖先の仕様がこのようになっているジャケットも最近は多いですよね。

ボタンホールの移動は出来ないので必然的に袖丈詰めは肩から詰める袖山詰めということになります。

 

P7100209.jpg

 

まずは袖を外し、

 

P7100210.jpg

 

袖を詰める寸法をカットします。

 

P7100212.jpg

 

袖山詰めの場合詰めた分だけアームホールが小さくなります。

その為に脇回りが少し狭くなった状態での仕上がりになりますので

どうしても着心地が変わってしまいますので寸法に制限はあります。

 

P7100214.jpg

 

袖を付けたら完成です。

デザインを損なわない程度なら袖口から袖丈を詰める事も出来ます。

寸法が大きい時などは袖先とで振り分けたりして

デザインと着心地を両立させるようなご提案をさせていただきますので

ぜひご相談下さい。

今日の修理 ジャケットの袖山カット ¥7560

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

ジャケットの袖丈詰め(筒袖) ブルゾンの袖丈詰め ジャケットの袖丈詰め(まちつき)

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です