こんにちわ。
一般的にジャケットの袖丈が直せる事がどの程度知られているのか?
筒袖、あきみせが代表的なデザインです。

UPHOTO_20150425_234955

このような袖口は袖先から詰めた寸法、短くします。

IMAG0130

今回はデザイン袖の修理の紹介をします。

IMAG0132

袖先のデザインが特殊なモノはそのデザインに応じて、直し方が異なる場合があります。
こちらのお袖は袖先からデザインそのままでお修理します。

IMAG0133

見返りと言って袖先の折り返し部分は布が縫い合わせてあるので、まずはバラバラにして袖の表側は詰めたい寸法分カットします。(白く引いたラインです。)

カーブの部分は慎重に元々のデザイン通りにカットして作り直します。

IMAG0134

元と同じように見返りと縫い合わせて、特にカーブの丸みは慎重に作り直しました。

IMAG0136

あとはステッチを入れ直して、完成です。
こんな感じに袖は短くするコトが出来ます。

デザインによって、袖先から詰めれない場合はお袖の付いている肩の方からお修理するコトも出来ます。

お洋服の全体のバランスなどを考えて、どこでどう直すかはお洋服によって異なる場合がありますので店頭スタッフにご相談下さい。

では。
ご来店お待ちしています。

今日の修理 ジャケットの袖丈詰め ¥5400

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁t目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です