いよいよ夏本番を迎えようとしておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?

今の時期、男性の方はジャケットをお召しにならない方が多いですね  であるならばこの

合間をつかって上着をお修理をしてしまうのが、最も賢いやり方です

本日は本切羽のお袖丈のお直しをご紹介します

イタリア発、ラグジュアリーブランド「Fay」のネイビーのジャケットをお持ち込み頂きました

2015年に日本に初上陸したまだ新しめのメーカーです お袖の仕様としてはイタリアモノによく

みられる本切羽ですので、一般的な袖丈詰めの様に袖先からはお修理ができません

こういったお袖の作りの場合、『袖山詰め』といって一旦お袖を肩から外して、袖の上部から

補正していくお直しとなります このお客様については6cm程お詰めさせて頂きました

メンズのジャケットの袖の長さについてはお好み等もありますが、親指の先から11cmという

のが一つの目安になります また中のシャツが1,0~1,5㎝みえるのが基本とされています

袖山でのお修理で、気を付けなければいけないのはアームホールの大きさがかわるということ

です お袖というものは先にいくにしたがって細くなっていきます ですので詰め寸法が

大きくなるほどアームの径は小さくなっていきますので着心地感に影響します フィッティング

の際にはお直し後の着用に問題がないか必ずここもチェックさせて頂きます また身幅の調整も

必要となってくることもありますのでそういった場合は工賃も割増となります 袖口でのお修理

に比べ、技術的には大変難易度が増します 出来上りまでの日にちも頂くこととなりますので

ご了承ください

 

今月残り僅かではありますが、『長期キャンペーン』をご利用頂ければお修理代が10%OFF

となります 是非ともこのお得な期間をお見逃しなくご利用ください!

 

今日の修理 袖山詰め ¥8,640~

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

リンク

SARTO

sarge de Nime

germanopratin
バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です