画像にありますジャケットですが、着丈詰めのご相談を頂きました

上着に関しては大変多いご依頼ですね パンツが以前より細身になっているのもあって

今までのように総丈÷2という寸法でも若干長く感じてしまいます

あとはお直しの手順ということになりますが・・・・・

一般的に着丈のお直しは裾からお詰め致します この方がお直しもし易いですし、工賃も

それほどかかりません ですがこの上着に関してはトップの画像からお分かり頂ける様に

ゴージがかなり低めで重心が低い構造となっています ですので物理的にお直しすることは

できますが、下から補正しても今一つカッコよくバランスのいい仕上がりになりません

今回は肩から着丈詰めを行うことと致しました 肩線から1cm着丈を詰めますが、肩線で詰めると

襟も小さくしないと身頃とぴったり繋がりません 薄っすらとチャコ跡がみえますが上衿のみで

1cm削るか、上衿と下衿で0,5cmずつマイナスするかといった調整となります ここはできるだけ

ゴージをアップさせたいので上衿のみで補正することと致しました そうすることで重心も

上がって時流に合ったフォルムとなりますね

 

以前にもご案内しておりますように肩線での着丈詰めは大変難易度が高く、熟練の職人しか

携わることができません お修理代としても割高になりますのでご了承下さい ここのところ

トレンドとしてはクラシックに戻ってきております お尻が丸見えなほど短めな丈は私ども

では推奨致しません パンツとのバランスも鑑み、きっちりとした上着丈でお召しになって

頂きたいですね

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です