本日はラペル調整によってスーツの襟型を変更するお直しをご紹介します

昨年より相当にご依頼が多くなっている案件ですが、

やはりプログをご覧になってのお持ち込みが増えておりますね

今回は数年前のアルマーニのスーツをご依頼頂きました

スーツのスタイルとしてはここのところ2つ釦が主流でありますが、十年近く前ですと

いわゆる3つ釦のデザインも各メーカー作っておりました

画像にありますように、完全に上2つがけでVゾーンが狭いタイプです 昨今このモデルは

ちょっと時代を感じさせてしまいますので、3つ釦の段返りにスタイル変更致します

ボタンは3つのままですが、一番上はかざりになり真ん中ひとつ掛けとなります

アイロンのプレスだけでも段返りにできないこともないのですが、どうしても時間が経つと

戻ってしまい完成度は高くありません ですので私共は芯地からの補正をご提案しております

ゴージラインの角度を上げることによってVゾーンを広くしていきますが、お直しとしては

上衿の下をカットして角度をかえています 画像ではわかりにくいかもわかりませんが、

トップのお直し前の写真と比べると緩やかに襟の落ち方が変わっております

お直し完了致しました 当初のデザインと比べるとイメージはかなり変わりましたね

3つ釦でも段返りであれば、今の時流でも全く違和感なくお召し頂くことができます

Vゾーンとしてはいわゆる3つ釦と2つ釦の中間ぐらいのスペースになるので、以前から

このモデルを好まれる方も少なくありません お直しとしては非常に難易度が高く

上衿、下衿ともに外しての作業となりますので熟練の職人でしか承ることができません

出来上りも通常よりは長くお預かりさせて頂くこととなりますのでご了承ください!

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です