私どもではレザーの修理も承っております 一般のお修理屋ではなかなか受け付けて頂けない

ようで、ここのところ大変ご依頼が多くなっております 弊社でもレザーの種類やデザインに

よってはお直しできないケースもありますが、できるかぎりお客様のご要望には沿えるように

努めさせて頂きます 今回は画像のLOEWEのジャケットをお直しさせて頂きました

シープスキンのジャケットですが、全体的に若干大きめということでご相談頂きました

まずはお袖丈の調整が必要ですが、画像にありますように本切羽の仕様となっております

ヨーロッパ系のブランドはレザーでもこのつくりが意外に多いですね 言うまでもありません

が、袖先からのお修理はできません

このお客様につきましてはもともと肩も大きすぎて気になっていたので、肩幅も片側で1,5㎝

ずつ(全体で3cm)お詰めします 当然お袖も一旦肩から外す作業となりますので、こういった

ケースは『袖山詰め』といって袖丈のお直しも袖の上の部分をカットして繋ぐやり方が大変効率

がいいですね 袖山で3cmお詰めしました レザーの場合は一度縫い合わせたところのステッチ

跡はウール生地のようには塞がりません しかもあまりにステッチ跡に近づけて縫製すると強度

が乏しくなってしまいますので注意が必要です ですので5ミリ詰めとかいった細かな補正は

実質できません

着丈の補正に関してもお迷いになられましたが、今回は取りやめました

お直しとしてできないことはないですが、全体のバランス、特にポケットからのスペースを

考えるとあまり好ましくないと思われます 肩幅がフィットし、袖丈も丁度よい長さと

なりましたのでこれだけで見え感は全く違ってくると思われます ブランド的にも大人な

クラシック感でお召し頂くのが雰囲気ですね

 

レザーのお修理についてはほとんどがその場での料金のご提示ができません

お預かりさせて頂きお見積りさせて頂くカタチとなりますのでご了承ください

まずはご相談からでも結構です 皆様のご来店心よりお待ちしております

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です