ここのところイタリア系を中心にお袖が本切羽仕様のものが大変多くなりました

私どもへのお持ち込みも多数ございますが、お直しにつきましてはいわゆるあきみせのモノ

に比べ、色々と難しいこともございますね

簡単にお修理できない場合もございますのでご購入の際は注意が必要です

最もご依頼が多いのがお袖丈詰めです お分かりだと思いますが、本切羽の場合

ボタンホールが開いているので、あきみせの様にお袖口からのお修理は基本的には致しません

多くが袖先より4cmほどのピッチで釦ホールがスタートしますので、やはりここの間隔はキープ

したいですね 無理にでもということでもせいぜい0,5~1,0cm詰めまでが限界でしょうか

これも見た目としてはあまりバランスがよくないのでできればお勧めしたくありません

一般的に本切羽のお袖丈詰めは、『袖山詰め』といって一旦肩を外し、お袖の山の部分を

カットし再度繋ぐお修理となります 工賃としては袖口からのお修理に比べ、割増でお時間も

頂くこととなりますのでご了承下さい 一番気を付けて頂きたいのが袖山詰めを行うと現状より

お袖幅が小さく繋がることとなり、アームホール等着心地感が変わって参ります ですので

ここらあたりにあまり余裕がないとせっかくお袖を詰めても大変着苦しくなってしまうケース

もあります 私どももフィッティングの際に必ずチェックさせて頂いております

袖山で詰めるともう一つ問題となるのは、柄物の場合です

画像はタリアトーレのチェックのジャケットですが、このように身頃とお袖できっちり柄合わせ

がされております お袖山をカットしてしまうと当然この柄がズレてしまいます 無地モノや

細かい柄であれば問題ありませんが、特にこのように大柄であるとかなり目立ちますね

これでもお直すかどうかは最終的にはお客様の判断です お袖丈が長すぎるケースは致し方なく

お直しすることもありますね

 

本切羽は粋でかっこいいと私も思いますが、一般的な既製服ではあきみせが多いのはお修理が

し易いといった理由です 本切羽のジャケットでお困りでしたら私どもへご相談下さい!

できるだけ最善のお直しをご提案させて頂きます

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です