ジャケットやコート類、インポートブランドの物ですと袖丈が長い物もあります。

中には凝ったデザインを施してあるものも多く、袖先から袖丈詰めをすると

デザインが再現できなくなってしまうものもあります。

 

fc2_2013-08-10_20-55-36-066

こんな風に初めから本切羽使用になっているジャケット。

この場合だとボタンホールの穴が開いてしまっているので袖先から詰めるのは困難です。

そこで、この様な事例ですと大抵袖山(肩から)袖丈詰めを行います。

 

fc2_2013-08-11_03-15-28-505

 

袖山からの袖丈詰めは多少の制限とリスクがございます。

それは詰める寸法とアームホールが狭くなると言うこと。

袖は肩から先に向かって細くなっていくように作られています。

袖山を詰めると二の腕辺りの袖幅が狭くなるんです。

袖山のカットした部分が狭くなると身頃側のアームホールが余ってしまうので

コチラも狭く調整しなければいけません。

 

fc2_2013-08-11_03-18-26-608

 

 

具体的な寸法の制限は元のサイズ感に寄るところが大きいので明言はしにくいですが、

サイズ変更をすると着心地に変化があるので注意が必要です。

 

fc2_2013-08-11_03-19-49-210
今日の修理 ジャケット袖丈詰め ¥7560

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です