メンズのジャケットはレディスに比べるとスタイルとしてはほぼ画一的で

それほど多様性はありませんが、デティールは細かな仕様の違いがございます

袖丈の調整で画像のカントリーっぽいジャケットをお持ち込み頂きました

お袖丈詰めをご希望ですが、お袖の仕様が画像のようになっております

構造としてはいわゆる『あきみせ』で「額縁」なのですが、

ジャケットの個性に合わせてか袖先から2,5㎝のところにぐるっと一周と

袖の開きの始まりのところに斜めに4cmほどステッチが入っております

袖先からの調整となると当然ここの部分にも影響がでますので

詰め寸法によってはかなり跡残りが懸念されますね

今回は安全策で一旦お袖をリリースし、『袖山』といってお袖の上の部分を

カットし再度繋ぎ合わせました よく肩で詰めるという表現も使いますが

いわゆる『肩幅詰め』とは全く違うお直しとなります 袖山詰めで最も注意が

必要なのは袖は先にいくにつれて徐々に細くなっていくので補正して

ジョイントするとアームホールの径が元よりは小さくなるということです

当然着心地感も変わって参りますのでフィッティングの際にここもチェックして

おかなければいけませんね

 

SARTO名鉄店ではお客様のご要望をお伺いしながら

できるかぎり最善のお直しをご提案させて頂きます

リフォームをご検討しているモノがあれば何でもご相談ください

皆様のご来店心よりお持ちしております

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です