10月に入り本格的に秋到来です。

 

待ち行く皆さんの装いも変わりジャケットや軽めのコートをお召しの方も増えましたね。

しかし久しぶりに着てみたら「あれ?何か違う?」と思ったことはありませんか?

流行の変化から来るシルエットの違和感と言うのはアイテムによっては起こりうることです。

 

例えばダウンジャケット。

モンクレールなんかは数年前はボリュームのある形が好まれていましたし、

何より私たち日本人には基本的に大きすぎます。

この手のアウター類はリフォーム不可と思っている方も多い様ですが、

昨シーズンは例年より多くの持込がありました。

特に袖丈は詰めれるものも多いですよ。

 

 

しつけ糸で出来上がり線の印をします。

「返し」があるタイプの袖なので内側も外して行きます。

 

 

ダウンがこぼれない様、裁断前にミシンをかけます。

コレポイントですね。

 

 

後は三つ折りをしてライナーを付け直すだけです。

途中の行程を少し端折ってますが

針跡が残るのでナイロンやダウンは一発勝負!

作業時間も掛かりますが、緊張感がちょっと他とは違いますね。

 

 

昨年ですと10月頃の持込で2ヶ月くらいお直しの時間をいただきました。

シーズンが近づいてからだと着用時期を逃してしまいますので重衣料のリフォームは

早めに検討していただくと良い時期にご用意できます。

モンクレー、デュベティカ、各種アウトドアブランドは

デザイン上難しいのも確かにありますが

皆さんが思っている以上にリフォーム可能な物が有りますので

検討されている方は是非ご相談下さい!

今日の修理 ダウンジャケットの袖丈詰め ¥9720~(デザインにより異なります)

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

QRコードを読み込んで友達追加!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です