ダウンジャケットに関しては早々に買い替えるアイテムではありませんね しかしながら

奮発して購入したモノに限ってちょっとしたことで破れてしまったり、穴が開いてしまったり

ということは残念ながら少なくないようです せっかくのお気に入りであればなんとか

修復したいところです 本日はダウンジャケットのリペアをご紹介します

こういったアイテムには「長期キャンペーン」を利用するといいですね

今回はウールリッチのダウンをお持ち込み頂きました このお客様は焚火による火の粉で

右袖に穴が開いてしまったそうです こういった症状はたばこをはじめ結構多いですね

ダウン系の素材に対しては一般的な補修法としての「かけつぎ」や「ミシンたたき」といった

お直しはできません ですので画像にあります様に、上から生地を添付するパッチワークの

ようなお修理となります

似寄りのモノを張り付けることもできますが、やはり本体と同じ生地を使うのが理想です

スーツなどと違って購入時にもほとんどが共布は添えられてはおりませんので、何処かしら

から生地を取って移植しなければいけません 今回は比較的小さな穴ですので、幾つか

取れそうなところはありますが、できるだけ目立たない箇所ということで内ポケットの

中側よりカット致しました 当然切り取った部分は似たような生地で再現しております

リペアとしてはお修理代がかかってしまいますが、別布を添付するよりはお直し跡も

目立ちにくく綺麗な仕上がりとなります

再三お伝えしておりますが、ただ今『長期キャンペーン』実施中です

今月であれば8月中のお渡しでお修理代を10%OFFさせて頂いております

冬物等シーズンオフとなったアイテムは是非ともこの機会をご利用ください

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です