12月に入りましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今年は例年以上に寒さが厳しく、早々にアウターを出動させた方が多いのではないでしょうか

ダウンジャケットのお修理については一般のお修理屋ですと、お断りされるケースが少なくない

ようで私どもへのご依頼も数多く頂いております

画像のダウンをお持ち込み戴きました 本日はお袖丈のお直しをご紹介します

今回のお客様はお袖丈詰めをご希望です お袖口としては画像の様なつくりとなっております

ベルクロテープが付けられているタイプですが、一般的な筒袖とは違って袖先が折り曲げる

仕様となっていてちょっと変形的なデザインですね  一見カフスのような構造で先の部分を

外せそうにみえますが、袖から3cmぐらいのところにステッチが入っているだけで上から一体と

なっていて繋ぎはありません よってここから取り外すこともできませんし、また袖先から

詰めてしまうと先端のデザインを現状のようには再生できません

ですのでこのダウンに関しては簡単にお袖口からといったお修理ができません

これにつきましては『袖山詰め』といって一旦お袖を外し、お袖の上の部分をカットし再度

繋ぎ合わせます ここのところテーラードのジャケットでも大変多くなっているお直しですが

職人曰く、ダウンの場合はよりお修理がしにくく難易度は高いとのことです

やはり素材感や中のヴォリュームの分量も違ってお袖付けだけにしても難しいようです

お袖丈6cmお詰めしました 画像が袖山のカットした部分となります

お袖は繋ぎ直しておりますが、アームホールの大きさも違って参りますのでそこらの調整も

しております お客様の体型的には脇繰りも全然余裕があるので全く問題ございません

工賃としてはちょっと割増にはなりますが、袖山のお修理は袖口を触らないのでお修理した

形跡がほとんどわかりません お手元のアイテムでお困りのモノがあればご検討下さい!

 

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です