洋服のデザインは様々です

本日ご紹介のスカートはリバーシブル仕様なので

単純な丈詰めではスマートにいきません

それではいったいどうやってお直しをするのでしょう?

IMAG0289

こちらのスカートは表裏着用する事が出来るリバーシブル仕様になっています

こういった場合にはどちらか一方で詰めるのではなく、

両方でお召しになれるように加工しなければいけません

IMAG0286

5㎝カットするので、ちょうどステッチの辺りが出来上がりになります

そして、リバーシブルの為裾が折り返しではなく、

カットされた布が縫い合わされている見返し仕立てとなります

IMAG0287

その見返しを元通りになるように縫い直していきます

見返し仕上げにする事でリバーシブルの表裏別々の柄を裾まで統一することができるのです

IMAG0288

ステッチを掛けなおしたら完成ですが、ステッチの色もそれぞれの生地色に合わせて、

上糸と下糸と変えています

こうして書くと当然ではありますが、意外と糸のテンションはデリケートですので

ミシンの細かな調整が必要です

表裏どちらも着用されたい方には元通りの仕上げがオススメです

意外とリバーシブルになっていても、片方の面しか表にしないという方なら

通常の仕上げにしてお値段を安くする方法もあります

通常仕上げの場合はリバーシブルとしては着用していただけないので、ご注意下さい。

お客様のニーズに合わせたお修理方法をご提案していますので

お気軽にご相談ください

今日の修理 スカートの丈詰め(見返し仕立て) ¥5400

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

リンク

リフォームスタジオ名鉄HP

バナーをクリックorタップで友達追加!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です