画像にあります数年前のスーツのパンツをお直しさせて頂きました

以前よりかなり痩せられたようですが、そもそもパンツ自体が相当に太目であったようです

ほぼすべての項目でのお修理で大工事となりました

先ずはウエストのお直しとなります ここは体型的な変化もあって致し方ないですが

ウエスト全体で7cm詰めなければいけないので、当然「三方詰め」での手順となります

後ろ部分で3cm、両サイドで2㎝ずつという調整を致しました 次にご紹介しますが

渡り詰めも致しますのでこういった三方での補正は上から自然な流れを作りやすいですね

ウエスト補正からの繋がりで渡り幅~膝幅~裾幅とお直し致します

渡りから膝までは1,5㎝詰めと致しますが、裾幅は20cm上がりとし2,5cmお詰めします

スーツ全体としてはクラシックなフォルムですのでパンツのシルエットとしてはこれぐらいが

適正かと思われます パンツの裾幅だけ極端に細くされたい方も稀にいらっしゃいますが

やはり全体でのバランス感が大変大事ですね

もうひとつ気になってみえたのが股上の深さです 昨今は股上の浅いパンツがほとんどなので

比べると大変違和感があるかもわかりません パンツ全体がゆったりしているだけでなく履き

こみがちょっと深すぎるので前後ともに2㎝お詰め致しました ポケット位置や全体のバランス

を考えると寸法的にはこれぐらいが限界です 股上の調整は高難度で、工賃もかなりかかります

今回も熟練の職人が携わることとなりました これだけお修理するとお修理代としても高額と

なりますがようやく今の時流にもマッチしたカタチとなりました お持ち頂いたスーツは

ロロピアーナの素材でしたのでコストをかける価値は充分ありますね

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です