SARTOにお持ち込み頂けるブランドのご紹介です

本日は久々にイギリスのブランドで『BARACUTA』バラクータです

言うまでもなくG9は我々トラッド世代には定番中の定番ですね

BARACUTAバラクータは1937年にイギリスで

ジョンとアイザックのミラー兄弟によって設立されました

日本ではスウィングトップとして知られるアウターウエアで名をはせました

残念ながら日本でのライセンス契約は平成24年3月にて製造が終了しております

『バラクータ』のG9はスウィングトップのオリジナルとして知られています

スウィングトップとはゴルフ用ジャンバーを指す和製英語ですが

ドッグイヤーやラグラン袖、アンブレラヨーク、チェックライニングといった

スウィングトップを象徴するディテールはG9がベースとなっています

現行では様々なモデルがあるようですが

通常のクラシックフィットですと若干ゆったりめで

私どもへのご依頼としては身幅詰めされるケースもありますね

バラクータG9は多くの有名人に愛用されたことでも知られています

ちなみに日本人では高倉健さんですが

やはり一番印象深いのはスティーブ・マックイーンではないでしょうか

何でもない着こなしですが

いやー実にかっこいいです

 

SARTO名鉄店ではネット等でご購入頂いたブランドものも大歓迎です

昨今はサイトでもかなり細かくサイズ表記はされているようですが

どうしてもピッタリとはいかず不具合がでてしまうこともございます

お困りでしたらいつでもSARTOまでご相談下さい

皆様のご来店心よりお待ちしております

 

■名鉄百貨店メンズ館4階SARTO
■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は2週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

Comment

  1. McQUEEN_Lover より:

    不躾ながらコメント欄よりお尋ねいたします。
    G-9の身幅詰め、袖丈詰め、またはその両方の場合、
    費用はどのくらいになりますでしょうか?
    そして袖丈は肩側から詰められますでしょうか?
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • SARTO より:

      ブルゾンのお修理料金としては
      身幅詰め¥10,000~、袖丈詰め¥5,000~となっております 
      仕様やお直しの仕方で料金は変わって参ります
      また身幅詰めに伴って袖幅詰めも必要となる可能性もあります(袖幅詰め¥8,000~)
      ラグランスリーブの構造ですと肩からは袖丈詰めできません 袖口からのお直しとなります

      ご検討頂きましてご来店がお決まりになりましたら
      ご予約も承っております メールかお電話にてご連絡ください
      宜しくお願い致します

      SARTO名鉄 郷道

  2. McQUEEN_Lover より:

    ご回答ありがとうございます。
    身頃の脇線と袖の合わせのラインが別なので袖幅詰めも必要になりそうです。
    そうすると当時の新品価格を上回りそうなので、もう少し検討したいと思います。
    お忙しい中、ありがとうございました。

    • SARTO より:

      お返事ありがとうございます 
      バラクータのお修理は今までも何着かやらせて頂いております
      ご検討下さい 宜しくお願い致します

      SARTO名鉄 郷道

  3. 浦田一盛 より:

    G9のジッパーの駒が3個ほど抜け落ちております。修理できますでしょうか?
    できるようでしたら金額、日数を教えてください。よろしくお願いします。

    • SARTO より:

      浦田様

      お問い合わせありがとうございます 

      おそらくファスナーをまるごと交換することとなりますが、
      当社の場合YKK社で似寄りのモノを取り付けるお直しとなります
      お修理代としては部品代込みで¥20,000+税、出来上がりに一か月半程頂きます
      ご検討下さい ご来店がお決まりになりましたらご予約も承っております
      メールかお電話にてご連絡下さい 宜しく致します

      SARTO名鉄 郷道 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です