5月24日、投資家は現在、6月23日に英国が実施するEU離脱の是非を問う国民投票の行方がどうなるかで頭がいっぱいだろう。だがその答えが出たとしても、次にはイタリアで世論を二分するような別の国民投票が行われようとしている。写真はイタリア国旗。ローマで3月撮影(2016年 ロイター/Stefano Rellandini)

イタリアで2016年12月4日憲法改正を問う国民投票が執行されました

事実上の現職首相の信認投票でもあり

投票の結果、改正案は否決され責任を取ってマッテオ・レンツィ首相が辞任することとなりました

96958a9f889de2ebe5e5e5e7e5e2e0e3e3e3e0e2e3e4e2e2e2e2e2e2-dsxmzo0977856021112016000001-pn1-7

マッテオ・レンツィ氏はフィレンツェ市長を経て

39歳という異例の若さで史上最年少で首相に選ばれました

一時は市場労働改革などによりイタリア経済も好調となったといわれておりましたが

やはり事前の世論調査どうり国民には受け入れられていなかったのですね

イタリアは若者の失業率が40%以上という異常事態が続いております

(ちなみに日本は5%ほどなので全く比較にならないですね)

それでもスペイン、ギリシャに次いで三番目らしいのでヨーロッパは相当に厳しい現状です

magw160720-thumb-720xauto

今最もクローズアップされているのが

イタリア野党「五つ星運動」の創設者ベッペ・グリッロ氏です

この方は元コメディアンらしいのですがやっぱりインパクトありますね

私個人的な意見かもしれませんがこういった世情の最中大衆の心をつかむためには

やはりネーミングとビジュアルがキモであると思われます

フランスでも「国民戦線」、ドイツでも「国家民主党」といった極右政党が台頭したり

トランプ旋風もそうですが政治的にも完全に潮流が変わりましたね

ところで皆様覚えていらっしゃいますか?

2012年にヨーロッパ連合はノーベル平和賞を授与されております

欧州だけでなく全世界的にそのことは絶対に忘れないで頂きたいですね

 

本日はお堅い時事ネタになってしまいました

こういうまじめな面もあるんですよ 何方もお気軽にお立ち寄り下さい

SARTO名鉄店は皆様のご来店心よりお待ちしております

 

名鉄百貨店メンズ館4階SARTO

■名古屋市中村区名駅一丁目二番一号 TEL 052-585-2803
■営業時間 10:00~20:00
■店休日 名鉄百貨店に準ずる
■修理期間は一週間~、修理見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です